離婚相談を弁護士にした時の費用を抑える方法

1.離婚調停での弁護士費用

離婚しようと決めたらまずは当事者同士で話し合うことになりますが、冷静に話ができないとか、相手(夫)から暴力を受けるといった場合は第三者に介入してもらった方がスムーズに進みます。しかし弁護士に依頼して離婚調停を行った場合、着手金と報酬金でだいたい60万円前後かかります。裁判になると全部で80万円くらい必要と言われています。弁護士事務所によって金額は異なりますが、平均してこれくらいだと考えられています。

2.できるだけ費用を抑える方法

弁護士費用の内訳は、主に相談料、着手金、報酬金で成り立っています。着手金は正式に依頼した時に発生するもので、報酬金は依頼内容の結果を得ることができた時に支払うものです。依頼する前に、離婚相談という形で相談だけ行くことも可能なため、費用をできるだけ抑えようと考えているなら無料相談を利用すると良いです。以前は、弁護士の相談料は一定額として定められていましたが、今は自由に設定できるようになり、相談なら無料としているところや初回のみ無料としているところがあります。相談だけして正式な依頼はしない方法だと、もし有料相談になっても1時間1万円程度ですから、かなり費用は抑えられます。基本的には自分で手続きをして、離婚調停になった時など、その都度相談した場合でも1時間1万円程で済みます。(金額は2016年現在)