離婚調停にかかる時間と期間

1.離婚調停が開催される日と時間

離婚調停を申し立てて、それが受理され調停が開始されるわけですが、開催される日や時間はどのように決められるのでしょうか。離婚調停は、家庭裁判所の本庁、支部、出張所で行われます。開催される日は平日です。土曜や日曜は休みのため行われません。該当する家庭裁判所にて離婚調停を行っている日、実際に担当する裁判官が何曜日なのかが決められていますので、その日に出向くことになります。時間は、午前中なら午前9時30分または午前10時からお昼まで、午後なら午後1時30分開始で午後4時頃までが多いようです。裁判所によって開始時間や終了時間は前後しますが、だいたいこれくらいと考えておくと良いです。(2016年現在)

2.期間はどれくらいか

申し立ててすぐに調停が始まることもありますが、その裁判所の混雑状況で開始時期は変わってきます。だいたい申し立てて1か月くらいすると第1回期日の通知が届きます。それからどれくらいの期間行われるのかというと、大まかに半年から1年くらいが平均的な期間と言えます。最短なら2か月くらいで終わりますし、長いものは2年弱かかったという例もあります。最短でも2か月なのですから、長丁場であると覚悟しておく方が良いでしょう。