浮気が原因で離婚する時の慰謝料の相場は

1.ケース別で相場金額がある

離婚の時に慰謝料を請求できるケースはいろいろあり、その金額についてはケースバイケースです。当事者同士で話し合って、二人が合意すればいくらでも良いのです。極端な話ですが、1億円で合意したならそれで良いことになっています。しかし、実際は裁判例などを参考にした相場価格というものが存在します。離婚の慰謝料請求で多い、浮気や不倫の場合はいくらくらいが相場となっているのでしょうか。

2.はっきりした基準はない

一般的に慰謝料の相場は50万円から300万円くらいと言われています。しかし明確な基準というものがないため、その時の状況で決まると言えるでしょう。浮気や不倫での慰謝料の金額を過去の判例から見てみると、離婚も別居もせずに夫婦関係を続ける場合で50万円から100万円、浮気が原因で別居した場合は100万円から200万円、離婚に至りその原因が浮気である場合は200万円から300万円となっています。この金額は裁判での相場で、もし裁判せずに二人で話し合って解決する場合はこの金額になるとは限りません。これ以上になるかもしれませんし、これ以下になることもあるのです。話し合いで決めるにしても、先ほどの判例を参考にしてこの相場金額くらいに収めることが多いようです。しかし、様々な事情や状況で増減されますので、弁護士に詳しい事情を話し、慰謝料請求をしてもらうと良いです。(金額は2016年現在)