離婚を弁護士に依頼したらどれくらい費用がかかる?

1.離婚交渉の場合

様々な理由により離婚を決意したけれど、話し合いだけではなかなかうまくいかないケースは意外と多いようです。財産分与や子供の親権、慰謝料などが絡むとお互い譲れないことがあるのか、揉めるようです。まず初めに離婚の交渉を弁護士に依頼した場合、着手金が20万円から50万円くらいで、話がうまくまとまって成立した場合も報酬金として20万円から50万円くらいの費用が必要です。

2.離婚調停の場合

離婚調停になってから弁護士に依頼する人もいます。この場合は着手金が30万円から50万円くらい、報酬金も30万円から50万円くらいとなっています。交渉の段階から依頼していて、そのまま調停へ移行した場合は、継続事件として扱われるため、着手金は本来の半額としている事務所があります。

3.訴訟の場合やこれら以外にかかる費用

離婚話がこじれてしまい、訴訟になった場合の着手金は調停とほぼ同じ額で30万円から60万円くらいです。調停から引き続き訴訟へと移行した場合はこの限りではありません。そして、報酬金も30万円から60万円くらいとしているところが多いようです。金額は事務所によって異なるので、これよりもかなり安いところもあれば、高いところもあります。また、弁護士が裁判所に出張した時の日当や交通費、通信費などが必要となることがあるので費用には何が含まれているのかを確認しましょう。(金額は2016年現在)